慢性的な腰痛に悩む40代男性のための対処法と予防方法

42歳女性 無職の方からの質問

数年に一度程度腰痛があったのですが、30代後半になってから座ることができないほどの腰痛が頻発するようになりました。

それでも数日で治り、腰痛のない生活に戻れていましたが、41歳頃から腰痛が慢性化し、先日はぎっくり腰になり一週間、寝たきりの状態になりました。

その後も慢性痛が悪化しています。

整形外科に行っても薬が処方されるだけで、整体に興味を持つようになりました。

レントゲンでは骨に異常はないようなので、腰痛の原因を知りたいです。

ちなみに1日中PC作業をしています。

ぎっくり腰になった時の対処法と、予防するための方法について教えていただきたいです。

回答

一日中PCの作業との事で、長時間座る姿勢が多い事と思われます。

そうすると、腸腰筋という腰と股関節と繋ぐ筋肉が緊張します

結果として股関節や骨盤が安定せずに、腰痛やぎっくり腰の原因となります。

座る姿勢を少なくして、筋トレや歩行などの運動を習慣つけて下さい。

また、腿の前と後ろの筋肉も硬くなりがちですので、ストレッチを入れて行くと良いですね

ぎっくり腰になった時は、炎症が起こってるので、安静が1番です

お大事にしてください

関連記事

  1. 慢性的な腰痛でレントゲン診断でも異常なし

  2. 座っている時間帯が長いと、痛みは発生しやすい?

  3. 慢性的な腰痛とギックリ腰

    慢性的な腰痛とギックリ腰

  4. 腰痛予防のストレッチ

  5. 背中や腰が定期的に痛くなり、湿布を貼る生活

    背中や腰が定期的に痛くなり、湿布を貼る生活

  6. 腰痛改善のための正しい座り方と効果的なストレッチ方法

    腰痛改善のための正しい座り方と効果的なストレッチ方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。