座っている時間帯が長いと、痛みは発生しやすい?

48歳男性 会社員の方からの質問

メディアで「椅子に座っている時間帯が長いと、腰痛や首の痛みは発生しやすい」と、 よく報道されていますが、本当ですか?

実は、私は40代後半の年齢になってから、頻繁に腰痛が生じたり、 膝の関節痛に悩まされます。

ふだんの私は、椅子に座っている時間が長いです。

平日は1日10時間以上、椅子に座っています。 私の場合、腰痛やひざの関節痛を治す良い方法はありますか?

回答

腰痛と膝痛でお悩みとの事ですが、大変ですね。

早く良くなると良いですね。

ご質問の長時間椅子に座る事と、健康に関しての関係についてすが、椅子に座る姿勢が長時間続くと、腰や股関節を支えてる筋肉の一方が働かず、もう一方が緊張します。

「腸腰筋」は、腰から股関節につながる筋肉ですが、緊張を起こすと、硬くなり立ち上がる時に、腰が伸びなかったりして、腰痛を引き起こします。

この場合、腸腰筋をほぐすと同時に、働かないもう一方の筋肉を働かせるようにします。

椅子や机に持たれない座り方は、一見きついように見えますが、腰にかかる負担は少ないので、腰痛の予防になります。

また、この様な状態が続くと、股関節が安定しなくなり膝に負担がかかります。

実際には、お身体を確認しないとわかりませんが、ご質問者の状態もこの様な状態かと、推察いたします。

この様な方は、起床時に腰が痛いと訴える方も多く見られます。

まずは、腰を支えてる筋肉を鍛えて股関節を安定させる事をお勧め致します。

自然館では、やり方をお伝えしていますので、ご利用下さい。

関連記事

  1. 慢性的な腰痛でレントゲン診断でも異常なし

  2. 起床時に突発性の腰痛

  3. 介護の仕事をしており腰痛と肩こり

  4. 身体を整え、腰痛と肩こりを改善し、免疫力を高める方法

  5. 慢性的な腰痛とギックリ腰

    慢性的な腰痛とギックリ腰

  6. 腰痛予防のストレッチ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。