変形性膝関節症とは

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症とは、老化現象によって、膝の軟骨がすり減る病気です。

主な症状は膝の痛みです。

動かし始めが特に痛く、歩いているうちに治ってくるという傾向があります。

酷くなると、膝関節が変形するためにO脚になります。

太った中年女性が杖をついてがに股(O脚)で歩いている場合、大抵は変形性膝関節症です。

酷くなるとまた動かし始めだけではなく、じっとしていても痛みが出て来ることもあります。

50歳以降の女性に、多く見られます。

関連記事

  1. 介護の仕事をしており腰痛と肩こり

  2. 左膝、変形性膝関節症

  3. 肩こりと腰痛が辛いです

  4. 腰痛予防のストレッチ

  5. 起床時に突発性の腰痛

  6. 右肩から前腕にかけての痛み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。